希少なArtidボタンは戦後軍需工場~ボタン工場転換の歴史

今日は先日の買付で見つけたボタンを撮影しました。

イギリスで買い付けたものです。このボタンを留めてあったシートに1946とARTID と書かれていました。

ボタンを裏返すとArtid made in Englaand とレリーフがあります。

このボタンについて調べてみました。

イギリスで1946-47年の1年間だけ作られた希少なプラスティックボタンです。
The british Artid Plastic Companyで作られました。この会社は戦時中は戦闘機用のカメラのプラスティック台を作っていた会社で高い技術力を持っていたそうです。
第2次大戦が終わってそれまでの技術を生かして新たなデザイナーも加わってボタン制作をはじめました。戦後の物資統制下で洋服の供給も限られていたので、この凝ったボタンへの需要も少なかったようで1年間だけでボタン制作は打ち切りなりました。色々なアーティストがデザインした美しいデザインのボタンがあります。
コレクターの目に留まりコレクタブルとしての人気のボタンになっています

Artid made in Englaandの文字があります。

在庫は6個のみのですのでお早めにショップのページでご覧ください。

ヴィンテージARTIDボタンW3.1cm 1946-47年

 

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

こよなくアンティークWEBショップ https://www.koyonaku.jp/

▼こよなくアンティーク公式LINEからお気軽にお問合せできます。

お友達追加はこちらへ★★★

 

インスタグラムで新着アンティークをご紹介しております。▼

こよなくアンティークインスタグラム https://www.instagram.com/koyonaku_antique/

 

 

関連記事

  1. 始めて出会ったパンダベあ

  2. ヴィンテージのアクセサリーで自分のお気に入りを見つける訳

  3. アンティークフェアin 新宿 初日!!

  4. 1910-30年代のバニティーセット

  5. お雛様-その2

  6. 大きなふかふかベア