アンティークイースターエッグをUPしました!!

今年のイースターは4月8日です。今日は可愛いイースターエッグをご紹介します。で欧米ではイースターはクリスマスと並んで2大イベントです。

以前イースターの季節にイギリスにいったら日曜日のハイドパークはお祭りモード一色でした。長い冬から解放されてお花が咲き乱れて気持ちのいい季節・・・・

イースターエッグのうさぎでなくてもいつの間にかニコニコ、ごきげんになっちゃいそうです。

へそ曲がりの私はあまりなんでも「可愛い」というのは好きではないのですが、これは無条件に可愛いです。もうほっておけなくて買って帰りました。状態もほぼ完ぺきでお値段も高めでしたが・・・・・

アンティークショップをやっているとこれって売らないでとっておこうかな・・・・と思うものに出会います。これもほんとは売りたくないもののひとつですが、イースターも近いのでWEBSHOPに載せました。

たまごを開けると2つに分かれます。ぶちにレースペーパーがついています。

この中にお菓子が入っていたらしいです。

1940-50年ごろのドイツのものです。以前イギリス人の友人にウサギはどうしてイースターに出てくるの?って尋ねたら、多産だから新しい命を運んでくれるものだから…ということではないかな・・・という返事が返ってきました。

ひよこも春を満喫しています。

鶏はたまごを温めているのでしょうか????

たまごの内側にもこんな可愛いプリントがあります。

アンティークイースターエッグ

この商品はこちらからお求めいただけます。

関連記事

  1. アンティーク イギリスのドロンワーク刺繍とボビンレースが豪華…

  2. ピンクのコディネート

  3. サイトに商品がなくなった!!

  4. リバティープリントいろいろ

  5. Half doll ってご存知ですか!!

  6. イタリアトールウエアの麦の穂シャンデリア

    クリスマスセールでの隠れた逸品をご紹介!!