お腹の虫の声に従って選んだのはこれ*カロチャ刺繍のリシュリュー*

こんにちは。こよなくアンティークの土屋です。

今年は毎日ブログを書こうと心に決めたはずだったのに、商品紹介ばかりもつまらないしとか、何かもっと気の利いたことが書けそう!!

などと思っているうちに何日も経ってしまっています。

本棚の整理をしていたら2007年に出た中野翠さんのエッセイ集がでてきました。

「この世には二種類の人間がいる」という本。これがほんとに面白い!!

翠さんは夫の大学時代からの友人でアンティックもお好きなので、時々遊びに来た時などアクセサリーなどを

パパっと買ってくださったりします。お好きなものがはっきりしているので迷わないし、私もおすすめしないのでほんとに気が楽な方。

その本の中の「それは虫の声が大きい人と小さい人だ」という下りが面白かった。

自分が言ったつもりじゃないはずなのに体内の虫が暴れて相手を傷つけるよなことを言ってしまう。みたいな内容だったようですが、

でつまるところ

『「腹の虫」、「虫の声」を信用している、増長させている、従っていて、理屈はあとで付けている』

という話でした。いかにも中野翠さんらしいエッセンスが詰まった楽しい本です。

「この世には二種類の人間がいる」

私がアンティークショップを続けられているのも「腹の虫が好いているもの」だけを扱っているからだと思います。

ある意味すべてのものは「腹の虫の声」に従って選んだものだから、たまにチョイスが間違っていても自分自身で納得がいきます!!

そういう意味ではアンティークショップは誰にも指図されずに自分の虫の声に従ってできる最強のお仕事だと思います。

脈絡がなくても並べてみると自分の虫が納得して選んだものはやっぱり統一感があるな~~~~

って自画自賛したりする時間が大好きです。

 

こちらも私の腹の虫が選んだカロチャ刺繍でのリシュリューです。

ハンガリーカロチャリシュリュー刺繍の襟飾りです。襟飾りには初めて出会いました。
カロチャ刺繍のリシュリューはカロチャ刺繍とレースが組み合わさったものです。
カラフルなフラワー刺繍を囲む部分は白い生地を残さないようにレースになっています。
レース部分はミシン刺繍でカロチャ刺繍の独特な技法です。
この襟飾りはネックレスのようにリシュリュー刺繍を頭から通します。
サイズ:W36×29cm/ネック回り57cm。
丁度鎖骨の上あたりにフィットしますので可愛く装えます。


ハンガリーカロチャリシュリュー刺繍の襟飾り

 

アンティークブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

▼こよなくアンティーク公式LINEからお気軽にお問合せできます。

QRコードをスマホで読み込んでLineへお友達登録をお願いします。

お友達追加はこちらへ★★★

 

インスタグラムで新着アンティークをご紹介しております。▼

こよなくアンティークインスタグラム 

関連記事

  1. こよなくアンティークの人気ランキングを発表します!!

  2. 好きという気持ちを大切にする生き方!!

  3. マルチーズレースをUPしました!!

  4. リバティのパネルプリント

  5. ファブリック&ボタン特集始めました!!

  6. 漁師の網の技法で編まれるフィレレースのテーブルレース