藤の網代にカンガルーのワッペンが付いたヴィンテージバスケット

このカンガルーのついた藤の網代編みバッグ・・・・・・・

いったいどんな人が持っていたんだろう・・・

大切に大切に使われたようでコンディションもとっても良いです。

新しいブランド物もいいですが、私はヴィンテージのバッグが好き、、、前のオーナーからよろしくって託された感じでなんだか使命感を感じます。

こちらはベルギーで見つけたバッグです。とっても作りの良いバッグです。縁やマチの部分は革のように見えますが

ペーパー製のようです。紙っていうと弱いとお思いかもしれませんが、何枚も重ねて圧縮して造られたとても

丈夫な素材です。革は劣化しますが、ペーパー製のものは劣化もなくいつもでも良い状態で使えます。

1940-50年ごろのベルギーから。
この夏の麻やコットンのドレスに合わせてお出かけバッグにお勧めです。
大切なアクセサリーや宝箱にもいいですね。
サイズ:W26×H24×11cm。

 

関連記事

  1. イタリアトールウエアの麦の穂シャンデリア

    クリスマスセールでの隠れた逸品をご紹介!!

  2. 酉年に番の小鳥と薔薇のルーサイトペンダントトップを!!

  3. 漁師の網の技法で編まれるフィレレースのテーブルレース

  4. The book of Good Needkeworkイギリ…

  5. グリーンのフレンチファブリック

  6. アンティークガラスドームをUPしました