美しい手描きのババリアのプレート

こんにちは。こよなくアンティークのツチヤケイコです。

コロナ禍で在宅時間が増えた結果、自宅を片づけて好きなものを飾ったり
在宅勤務で通勤時間が浮いた時間でお料理をしたり、手作りの手芸やクラフトを
する方も増えているそうです。

こよなくでもご自宅のピアノカバーにヴィンテージのファブリックをお求めになったり、ミニョネットのビスクドールやスワロフスキービーズやボタン、
ファブリックやリネンなどもいつもの時期よりお求めの方が多いので驚いています。

琴線に触れるアンティークを身近に置いて楽しむことで豊かな気持ちになれるように思います。
また古いものを暮らしに生かすことは二酸化炭素を産まないので微力でも温暖化の抑制にもなります。

ヨーロッパでは地震が少ないのも一因だと思いますが100年200年それ以上の前のアパートをリメークしながら使っています。

日常使うインテリア用品や食器なども蚤の市で見つけたものなどが居心地よく家の中にあります。

新しいイケアのものは合理的でシンプルではありますが、やはり物足りなさは残ります。そこに程よくアンティークやヴィンテージの食器やインテリア用品があると、それだけで心が安定するのは私だけでしょうか?

理屈はさておき、アンティークで少しでも豊かな暮らしを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはドイツババリアの耳付きプレートです。

アンティークドイツババリアの耳付きプレートです。手描きのお花がとても美しいです。
お皿の周囲のレリーフがアンティークの深い味わいを添えています。
バックスタンプはありませんが古いものはバックスタンプなしのものが多いのです。
サイズ:30×27×3.8cm
1910-30年代頃。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Koyonaku Re:Antiqueは ▼

 

 

 

 

 

お買い物はメールや電話でもお受けしておりますのでお気軽ご連絡ください。
メール:info2008@koyonaku.jp
電話:0120-15-5479 

*********

ブログランキングに参加しています。クリックして応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

▼こよなくアンティーク公式LINEからお気軽にお問合せできます。

QRコードをスマホで読み込んでLineへお友達登録をお願いします。

お友達追加はこちらへ★★★

インスタグラムで新着アンティークをご紹介しております。▼

 

 

 

 

こよなくアンティークインスタグラム 

関連記事

  1. アンティークオーガンジーケープ 1930年代

  2. 春のお茶会にスージー:クーパーのCarnaby Daisyの…

  3. 撮影の照明問題とハンガリージョルナイのネコのフラワーベース

  4. 全て手縫いの1900-10年代のアンティークのコットンフレン…

  5. イギリスのポップアートなビニールとプラスティックのお花のネックレス 1950-60年代 56cm ga-595

    キッチュさが魅力のフラワーネックレスの素材は何!?

  6. 旅で出会ったベアたち