バウハウス柄のリバティーのウールスカーフ

バウハウスは1920年代にドイツで起こった芸術活動で1933年にナチスドイツによって閉校されるまで開校された美術学校です。

コリエ・キャンベル&スーザン・キャンベルの姉妹のテキスタイルデザイナーはバウハウスの教師だったグンタ・シュッテルへのオマージュとしてバウハウス柄のテテキスタイルを制作しています。

今回コリエ・キャンベルのバウハウス柄のリバティーのウールのスカーフを見つけました。

 

1970-80年代の物だと思いますが状態もよくって素敵なスカーフです。

 

 

こちらがコリエキャンベルさんです。ロンドンのナショナルギャラリーでコリエ・キャンベル&スーザン・キャンベルさんのテキスタイルのショウが開かれたときの画像です。

 

50年間テキスタイルデザインお仕事を続けてこられて、まだまだ作品作り続けていらっしゃるようです。

素晴らしいですね。

そのショウの動画はこちらこらご覧いただけます。

 

バウハウス柄のリバティスカーフ

この商品はこちらからご覧いただけます。

 

関連記事

  1. どんなお洋服にも合わせやすいリバティタナローンのグレーのマス…

  2. ヴィンテージのアクセサリーで自分のお気に入りを見つける訳

  3. カロチャ刺繍のテーブルランナーとハンガリーリネンの刺繍リネン…

  4. カロチャ刺繍とマチョ刺繍のテーブルクロスをUPしました!!

  5. 1920年代の人もフリル好きだったらしいです!!!

  6. ファブリック&ボタン特集始めました!!