クリノリンレディのティトリオ 1964年

クリノリンレディは19C半ばに流行した、ふんわり膨らんだスカートをはいた女性のことです。

スカートを支える骨組みとペチコートのことをクリノリンというそうです。

スカートは優雅で美しいですがきっとバストの下からコルセットで締め上げて、おしゃれも大変だったことでしょうね。

このトリオはカップ、ソーサー、プレートにもクリノリンレディーが描かれています。

1964年ティートリオです。ふんわりと広がった黄色のスカートにボンネットの女性がイングリッシュガーデンに佇んでいる姿が描かれています。
ティータイムも優雅に楽しめますね。

クリノリンレディのティトリオ 1964年

関連記事

  1. 1940年代の白鳥のルーサイトブローチ

  2. 朝ドラ”べっぴんさん”で刺繍熱が再燃

  3. リバティタナローンでハンカチマスク

  4. アンティークのシルバー、ゴールドメタル糸のブレードなどをUP…

  5. 春らしいアンティークリネンウエアを3点UPしました

  6. 朝の光の中で輝くビスクドールちゃん