アンティークレースの襟をUPしました!!

今回の買い付けで見つけたレースの襟、、、、このレースが作られた19C後半頃には、貴重なものだったのですよね。

もちろん今でも貴重なものには違いがありませんが、このレースを作るのに要した膨大な時間と技術を考えるとレースを作った方に申し訳がないような価格、、、いつも申し訳ないなと思いながらの値段決めの作業をしています。

日本もバブルに戻れとは思いませんがそのものに見合う価値の値段でものが取引されるそんな日本になってほしいと思います。でないとアンティークが泣いています。

前置きが長くなりましたが・・・・

1800年代の後半のアイリッシュクロッシュレースのレースカラーです。このパーツの一つひとつかぎ針編みです。

もりもりとした立体的な縁編がまたすごいです。

この細かさは素晴らしいですね。

アンティークアイリッシュクロッシュレースカラー 19C

こちらの商品はこちらからご覧いただけます。

 

 

カットワークに刺繍とニードルレースを組み合わせたレースカラーです。1900-30年代頃のヨーロッパのものです。

ベージュですのでいろいろなお洋服に合わせられて出番は多いと思います。

アンティークカットワーク刺繍とレースのベージュのカラー

この商品はこちらからご覧いただけます。

 

その他の新着品はこちらからご覧いただけます。

 

関連記事

  1. KOYONAKU Re:Antiqueの新作ポーチをリバティ…

  2. ロンドンのテキスタイルデザイナーClarissaHulseの…

  3. 完璧にデザインされたアンティークペーストガラスネックレス!!…

  4. トランシルバニア刺繍のピロケースをUPしました

  5. ポーランドの吹きガラスミニオーナメントbombki

    遅れてきたクリスマス・いつでも飾れるガラスオーナメント!!

  6. こよなくの12月プレゼントはリバティ―の大きなコインなど!!…