アフリカのアンティークって深ーいです!!コンゴのクバ族の織物です!!

 

この手織り布 眺めてはうっとりしています。

布ものや織物が大好きなので、この神秘的な布が前々からほしいなーーーーって思っていました。ベルギーの買い付けで今回何枚も持っているディーラーさんに出会って思い切って買ってきました。

ヨーロッパではアフリカ物はトンボ玉やお面、アフリカンファブリック、この織物などとても人気があります。

中部アフリカのコンゴのクバ族のラフィアヤシの草ビロード織の布です。
コンゴは1885年からベルギー国王の私有地とされて以来1960年までベルギーの植民地でした。
そのためかアフリカのアンティークを扱うショップをよく見かけます。その中でも目を引くのがこの織物のような刺繍のような不思議な布です。
この布はヨーロッパのちょっと暗めのお部屋の壁にタペストリーとして飾ったり、インテリアの敷物として使われたりすることが多いです。
当時は王侯貴族しか持つかとを許されなかった布です。ラフィアヤシを平織りに織って、ラフィアの糸を刺繍して模様を作っていきます。またラフィアをビロードのように刺してある部分との組み合わせで布の模様が作られています。
すべて手作業で織られた布ですので二つと同じものがありません。

細かい織の草ビロードの織&刺繍布です。3つのゾーンに分かれています。

こちらはこよなくスタッフがイギリスで見つけて大事にしていた草ビロードの織物です。こちらは草ビロードの盛り上がった部分ありません。

この中では一番大きいサイズです。なんだか堂々としていますね。

暗めのシックな色合いです。これを見ていると迷路のようなくねくねした道を連想してしまいます。

関連記事

  1. エドワード8世の戴冠式に使われたアノインティングスプーン

  2. 今日のコーディネート*ハンガリーのインディゴ染めスカート+*…

  3. こんにちは!こよなくスタッフのUです。Edinburghに買…

  4. ロンドンから南東の町Ryeに行きました!!

  5. ヨーロッパアンティークのサマーセール開催中!!

  6. バウハウス柄のリバティーのウールスカーフ