10歳未満の少女がつくるアルファベット刺繍サンプラー1867年

今日はフランスから届きたてのアルファベットの刺繍サンプラーをご紹介します。
大人びた美しい針目のクロスステッチのモノグラム刺繍なのですが
1800年代半ばから末期にかけて10歳未満の少女が刺したものです。
現代でも子供たちが大人になるまでに越えなければならないハードルがいくつもありますが
当時の少女たちはこのような刺繍をお稽古して美しいサンプラーを作る課題があったようです。
得意な子は何なくこなせたと思いますがきっと苦手な子もいたのではと思います。
それから100年以上後の現代、このようなサンプラーに出会えるのはとても幸せなことだと思います。
額装してお部屋に飾ってみても素敵です。

フランスモノグラム刺繍サンプラー1885年 26.5×26cm

1885年 フランスモノグラム刺繍サンプラーです。1885年にMadeleineさんが作ったものです。
細かいクロスステッチで眺めているだけで涙が出そうです。
サイズ:26.5×26cm。

 

1867年 フランスモノグラム刺繍サンプラー

1867年にChristine Andreさんが8歳の1867年に作ったものです。
昔のヨーロッパでは10歳になる前からモノグラム刺繍の練習でこのような刺繍サンプラー制作で刺繍のお稽古をしていました。
細かいクロスステッチで眺めているだけで涙が出そうです。
サイズ:25.5×25.5cm。
インスタグラムで新着アンティークをご紹介しております。▼

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

▼こよなくアンティーク公式LINEからお気軽にお問合せできます。

QRコードをスマホで読み込んでLineへお友達登録をお願いします。

お友達追加はこちらへ★★★

関連記事

  1. ヴィンテージビーズをUPしました!!

  2. 落ち込んだ後には嬉しいことも!!

  3. ヴィクトリア時代のフェアリング

  4. 古いシルク刺繍カード

  5. お腹の虫の声に従って選んだのはこれ*カロチャ刺繍のリシュリュ…

  6. リネンのアイロンかけ