今日のアクセサリー3点ご紹介!!

今日は朝から雨が降っています。こんな日は撮影にはどうかな??と思いましたが思い切って撮影しました。

昼間から暗ーいです。そして寒い・・・・9月にロンドンに行ったときも寒かったのを思い出しました。

9月までのあの暑さってなんだったのでしょう。今年は厳しい冬だとか・・・・

夏は暑くて冬は厳冬・・・・これに合わせて体も順応できるようにしておかなくては・・

 

まずは予告篇です。

ga-261-a

この一つ一つに買い付けの時の思い出が詰まっています。

 

まずはこのバレリーナもブローチです。いつもほしいなって思うのですが意外と出会いは少なくやっと今回出会えました。

ga-260-1

スターリングシルバー(シルバー925)製です。銀は純度100%が持論純金という訳ですが、加工するために他の金属を7.5%まで混ぜることができます。

そうしたお墨付きをもらったものがスターリングシルバーでホールマークがつきます。

バレリーナの衣装のふくらみや手足の動きが細かく表現されていてほんとに素晴らしいですね。そして上品です。

 

こちらは裏に

ga-260-5

少々見づらいですが「STER SILVER」という刻印が入っています。「STERLING SILVER」の略です。

1920-30年代のイギリス製。
サイス:W4.5×H2.7cm。

アンティーク スターリングシルバーのバレリーナブローチ

 

**************

 

 

こちらはベークライトのブローチです。

ベークライトはベークライトによって発明、工業化されたフェノール樹脂です。柔らかくて加工しやすい素材なんだそうです。

こんな風に象牙を削るように塊から薔薇の花を掘り出していく様子が目に見えるようです。

荒削りの薔薇がとっても魅力的です。

ga-262-1

1930年代のイギリスから。
サイズ:4×2.5×1.5cmです。
落下防止のシリコンゴムのストッパーをお付けしますので安心してお使いいただけます。

彫が美しいベークライトの薔薇のブローチ

 

*********************

こちらはルーサイトの薔薇のブローチです。

ルーサイトはアクリルの透明の樹脂です。軽くて丈夫なので戦闘機や飛行機の窓などに使われました。

折しもアクセサリーの材料に事欠く時代、この時戦闘機のスクラップの窓のルーサイトを固めてこれからアクセサリーが作られました。

透明のルーサイトのバッグなども当時流行りました。

このブローチは凝った作りです。内側には裏側から彫った薔薇のお花が水中花のように美しくです。

外側にはメタルでフェンスのように枠があってその外側をまたパールカラーの樹脂が覆っています。

ga-261-4

キャッチにはストッパーが付いてしっかりした作りです。
直径3.7cm。

ルーサイトの花籠のブローチ

 

 

*************

こよなくアンティーク

日本に住むケイコとイギリスを拠点に活動するアーティストUraraのアンティーク雑貨通販のオンラインショップです。
イギリスやヨーロッパで見つけたこよなく素敵なアンティーク雑貨を千葉県からお届けいたします。
新着商品はこちらから★☆★
*************
こよなくアンティークサロンがあります。
場所:千葉県白井市大山口
    北総線で西白井下車徒歩8分
予約制:047-492-3941
     info2008@koyonaku.jp
オープン日時:金・土・日 12時~17時
     催事、買い付けでお休みの場合もありますのでご予約の上ご来店ください。
*************

関連記事

  1. 1940年代のイギリスの薔薇柄コットンボイルのティアードワン…

  2. アクセサリーをお気に入りのワンピースに合わせて!!

  3. ハンガリーのアンティークカットワーク刺繍がすごい!!

  4. イギリスのヴィンテージ ベビーベッド用天蓋カーテン

  5. ヴィンテージのアクセサリーで自分のお気に入りを見つける訳

  6. 1930-50年代のベルギーのゴールドメタルのタッセル!!