ホリエモンのゼロとこよなくのこと

最近ホリエモンのゼロを読みました。ホリエモンのことを悪く言う人もいるけど同郷人ということもあるのか発想のシンプルさとわかりやすさに共感できました。
そして私なりに思ったことは、成功した人も最初はゼロだったということです。浅田真央さんだって毎日のトレーニングの積み重ねでトリプルアクセルを飛べたんだし、おこがましいけど私も全くゼロのところからHPを作ってアンティーク屋をやっています。毎日、課題を見つけてクリアしていけば、クリアしていかなければ明日がないということもこの数年自分でやってきて学んだ気がします。会社などに所属してなくても、ゼロベースから少しずつ形にしていけば何かが生まれるって信じてます。

というわけでもないけれど、今日は可愛いテディベアが何故かお嫁に行ってくれないので、ちょっとライトを当ててあげたいと思い、Lauraちゃんが撮った写真に変えてみました。

イギリスのオールドテディベア40cm 1930-40年代 異次元の世界からやってきたような可愛いオールドテディです。 何代にもわたって可愛がられたようでモヘアは取れてつるつるのボディです。 詰め物は頭は木毛でそれ以外はパンヤです。 お腹にはグルウラーが入っているようですが今ではなきません。 あちらこちらの繕われた跡がありますがこれも可愛がられたしるしですね。 1930-40年代のイギリスから。

この横顔が好きです。

イギリスのオールドテディベア40cm 1930-40年代

 

++++++++++

この方は可愛いワンピースを着せてあげました。もともと女の子っていう感じのベアだったのお似合いです。

ゴールド色のモヘアで大きなお腹、大きなお耳とオレンジ色のプラスティックアイが可愛いイギリス リフレー社のベアです。 手足頭可動です。身長40cm。詰め物は頭と手足はパンヤ、ボディーは木毛です。手足のパットはモヘアです。 1950年-60代のイギリスから。 ★リフレー社は1948年にロンドンで設立、今はサウス・ウエールズのグウエント州アバービーグで今も営業しているそうです。

イギリス リフレー社のゴールドモヘアベア

毎日少しづつですが私もより良いお店を目指して頑張っていこうと思っています。

もし何かご希望とか気が付いたことなどありましたら教えてください。

 

関連記事

  1. ちょっとひとやすみして新しい風を感じる!!

  2. ポーランドの吹きガラスミニオーナメントbombki

    遅れてきたクリスマス・いつでも飾れるガラスオーナメント!!

  3. 目黒のジェオグラフィカの《ハーベストfromハーブ》に出店し…

  4. イギリスのポップアートなビニールとプラスティックのお花のネックレス 1950-60年代 56cm ga-595

    キッチュさが魅力のフラワーネックレスの素材は何!?

  5. ノスタルジックなハンガリー花刺繍

  6. イギリスのリーフ柄ヴィンテージファブリックをUP!!