バディントンベアのファブリックとパディントンベア

イギリスでは今でもクマのパディントンは人気のキャラクターです。

暗黒の地ペールからやってきたクマのパディントンはロンドンのパディントン駅に降り立ちました。

ロンドンのポートベローのブラウン家に迎えられてからこの奇妙なクマの物語がはじまります。

gt-490_1

お世辞にも可愛いっていえないおじさんタイプのパディントンです。

でもこの朴訥な感じがなんともいえなく郷愁をそそります。

クマのパディントンベア 1960年代

*********************

先日ロンドンのアンティークフェアで見つけたパディントンベアの1960年代のファブリックです。

 

gf-357

パディントンベアのどのポーズもベアのこのベアのお話のワンシーン、ワンシーンを連想させてくれる面白いファブリックです。

gf-357_8

gf-357_7

gf-357_6

gf-357_5

クマのパディントンのファブリック 1960年代  W115×50cm

 

 

 

関連記事

  1. イギリスの第2次大戦中の統制品CC41ってご存知ですか!?

  2. 逆説な発想がおもしろい「ざんねんないきもの事典」

  3. クリスマスオーナメントたち

  4. 1940年代の白鳥のルーサイトブローチ

  5. 1910-30年代のバニティーセット

  6. 今日のコーディネート*ハンガリーのインディゴ染めスカート+*…