クリスマスオーナメント

こんにちは。リバティのオーナメントやヴィンテージのガラスオーナメントは今日本に向かってますが、今日はエジンバラで見つけたガラスオーナメントを紹介します。

1950-70頃の手吹きガラスです。

DSC01289 DSC01292

ガラスのオーナメントはこうして作られています。手吹きなんですね。

リバティで見た時に高いなあと思いましたがこれだけ手間のかかった工程なのと納得しました。

原型をおこして型をとったり,自分でも機会があればつくってみたいです。

ツリーに負担がかからないように薄く軽く作ってあるそう。色も明るくて華やかで、見ていて楽しいデコレーションです。

関連記事

  1. 1930-50年代のベルギーのゴールドメタルのタッセル!!

  2. リバティファブリックで*ふうせん巾着ポーチ*を作りました!!…

  3. お客様からの嬉しいメッセージをいただきました!!

  4. ハンガリーのお祝い用プチポワンのように細かい刺繍飾リネン

  5. 悠久の歴史を刻むアンティークニードルレース

  6. 逆説な発想がおもしろい「ざんねんないきもの事典」