イギリスのヴィンテージファブリックを数点UPしました!!

こよなくスタッフの友人のお母様がヴィンテージファブリックのコレクターで今回もたくさん譲っていただきました。

いつも思うのですがイギリス人は素材好き、です。ボロボロの生地もなでなでして「ナイス!!」ってため息交じりにつぶやいたりします。

日本人が古布や昔のボロボロの着物などを大好きなのと似ているかなと思います。

そればさておき先ほどイギリスのヴィンテージファブリックをUPしました。

今回の一押しはこのトランプ柄のファブリックです。ごきげんなトランプが笑っているようにも見えますね。

イギリスの1950年代の希少なトランプ柄ファブリックです。コットンのような感触の生地ですがレーヨンだそうです。

なかなか見つからない希少なファブリックです

 

 

*******

 

こちらはベルギーで見つけたカーテンです。小人や妖精や森の動物などいつまでも見ていたいメルヘン柄です。

 

本当に素敵なカーテンです。詳しくはこちらをご覧くださいね。

******

 

 

ピンク系のお花がデザインされたポップなファブリックです。
グリーンやブラックの線描き模様でおしゃれな印象です。
ワンピースやスカートなど何にしても素敵ですね。1950年代のイギリスのファブリックです。
ツルッとした生地でキュプラのようです。
お洋服の場合は季節を問わずお召しいただけます。

*****

 

黒地にまるで花火のように多くの鳥が空を舞っているようなコットンプリント地です。
イギリスの1950-60年代のファブリックです。
たれ感のあるコットン生地です。秋物のワンピースなどにいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. アンティークシンガーミシンでソーイング!!

  2. バルボティーヌでアスパラを2倍愉しむ法

  3. 1940年代のイギリスの薔薇柄コットンボイルのティアードワン…

  4. ヘイスティングの戦い1016年ってご存知ですか?

  5. バルボティーヌのつばめとパンジーの鉢カバーにクリスマスローズ…

  6. こよなくサロンオープニング終了・・・それから・・