アンティークの太陽のペンダントトップで初夏のお洒落を!!

こんにちは。こよなくアンティークの店主でフォトスタイリストのツチヤケイコです。

もうすぐ5月ゴールデンウイークですね。5月になると胸元の開いたものを

着ることも多くなります。カジュアルなコットンや麻のセーターにも

アンティークのジュエリーを合わせるとグッとお洒落になります。

大好きなゴールドとシードパールのジュエリーをご紹介します。

イギリスのヴィクトリア時代の太陽をイメージしたペンダントトップです。

19C半ば頃はパールといえば養殖ものはなくこの小さい粒の真珠(シードパール)が使われました。

太陽のコロナに8本に4つずつのパールがセットされていますがグラデーションのパールをそろえるのも大変だった思います。

これだけそろえるには何倍、何十倍のパールの中から選んでセッティングしなければなりません。

台のゴールドは15金です。

サイズは直径2.4~2.2cmですので、大きすぎず小さすぎすといったサイズです。

黒っぽいものに合わせても存在感があります。

 このように白っぽいものみあわせてもエレガントです。

レースなどに合わせるとパールが優しさを引き出してくれる印象です。

こちらはショップでご紹介していますのでお早めにチェックしてみてくださいね。

アンティークヴィクトリアンのゴールドとシードパールペンダント 19C後半

素敵なゴールデンウイークをお過ごしください。

 

関連記事

  1. The book of Good Needkeworkイギリ…

  2. グリーンのフレンチファブリック

  3. スターリングシルバーとマーカサイトのピアスや穴の開いたスキー…

  4. バレリーナと仮面の1950年代プラスティックバッグ

  5. イギリスのALLERTONSの薔薇のシリーズ!!!

  6. イギリスのヴィンテージファブリック2点UPしました!!